とある科学の超電磁砲ピンボールマシン

「付随する」の意味とは?使い方や言い換えをわかりやすく解説

「付随する」は、ビジネスシーンをはじめ、少しかしこまった場で使われることが多い表現です。使われるシーンがカジュアルなシーンではないことが多い言葉だけに、正確に意味をとらえた表現や使い方を心掛けたいところ。「付随する」の意味をはじめ、使い方や言い換え表現なども例文を交えてご紹介します。

「付随する」の意味とは

「付随する」の意味は「ある物事に付き従い別の物事が起こること」

「付随(ふずい)する」とは、「ある主となる物事に付き従い、別の物事が起こること」を意味します。「附随」と表記する場合もあります。

「付随」の「付」にも「随」にも「従う」「付いていく」「共にする」という意味があり、「付随」は「付き従う」「主になるものの後から別のものがぴったりくっついていく」という意味があります。

「随」には「条件に逆らわずに動く」という意味も含まれるため、「付随する」も「強制したり抵抗したりしなくても、自然と起こること」というニュアンスがあります。

「付随する」の使い方

「付随する」は、主となる物事の状態によって別の物事が引き起こされる場合に使う表現です。そのため、「付随する」を使用する場合には、まず主となる物事に関して述べ、その後に付き従って起こる別の物事に関して述べます。

例えば、物価の高騰によって商品の価格を値上げする、という場合には、「昨今の物価の高騰に付随して、当社製品の値上げを決意いたしました」のように使います。

「付随する」を使った例文

  • 仕様変更に付随して、予算を練り直す必要が出てきた。
  • 今回の訴訟に付随する費用は、すべてこちらで負担させていただきます。

「付随する」と「付帯する」の違いとは

「付帯する」の意味は「付け加えること」

「付随する」と混同されやすい言葉に「付帯(ふたい)する」があります。「付帯する」の「付帯」とは、「ある事柄が他の主となる事柄に関連して生じること」「付け加えること」を意味します。

「付随する」と「付帯する」の違いは、該当する事柄が発生するタイミングにあります。「付随」は対象に関連する他の物事が後から発生する時に使い、「付帯」は対象に関連する他の物事が同時に発生する時に使います。

「付帯する」を使った例文

  • このクレジットカードには、海外旅行保険が付帯している。
  • この業務に付帯する作業に関しての賃金は、お渡しした契約金に含まれています。

「付随する」の言い換え表現・類語とは

「伴う」

「付随する」を言い換えられる言葉のひとつが「伴う」です。「伴う」には、「一緒に行く」「釣り合いがとれる」という意味の他に、「ある物事に付随して別の物事が起こる」という意味があります。

「付随する」の言い換え表現として使う場合には、「冬山には危険が伴う」「技術の進歩に伴い、私たちの生活は簡略化されてきた」のように使用します。

「付属する」

「付属する」の意味は「主になるものに付き従っていること」「主になるものに付き従っているもの」です。「附属する」とも表記します。

「大学に付属する高校に入学した」「購入した家電製品に付属しているはずのパーツが同梱されていなかったので、問い合わせをした」のように使います。

「添う」

「添う」は、意味が広い言葉です。「長く続いているものに離れないよう付き従う」「何かに並行した形で続いている」「基準、方針となるものに従って、それから離れないように何かを行う」「夫婦になる」などの意味があります。

「付随する」の類語となるのは「長く続いているものに離れないよう付き従う」という意味での使い方です。「あなたの期待に添うように努力します」「型紙に添うように丁寧に切る」のように使用します。

「付随する」の英語表現とは

「付随する」の英語表現は「accompany」や「Incidental」など

「付随する」の英語表現は「accompany」や「Incidental」などです。「accompany」には「同行する」「~に付随して起こる」「~に添える」などの意味があります。

「Incidental」の意味は「偶発的な」「付随して起こる」「偶発的な事柄」などです。「付随する」は他にも、「attend」を使った表現もあります。

「付随する」の英語表現を使った例文

  • Please give me the issues that accompany this problem.(この問題に付随する課題点を出してください)
  • His criticism only referred to incidental matters.(彼の批判は付随する点にのみ言及している)

まとめ

「付随する」は、「附随する」と表記する場合もあり、「ある主となる物事に付き従い、別の物事が起こること」を意味します。「随」という字には「条件に逆らわずに動く」という意味も含まれるため、「付随する」にも「強制したり抵抗したりしなくても、自然と起こること」という意味があります。