とある科学の超電磁砲ピンボールマシン

「その節は」の意味とは?使い方の例文や言い換え、未来の場合も

「その節は」という表現は、ビジネスシーンでも日常生活でもよく使われる表現です。便利な表現ですので、意味や使い方をはじめ、言い換え表現も理解しておけば、様々な場面で役に立ちます。未来の事柄について使う場合の表現や英語表現も解説しますので、参考にしてみてください。

「その節は」の意味とは

「その節は(そのせつは)」の意味は「あの時は」

「その節は」は、「そのせつは」と読み、「あの時は」「この前は」「その折は」などの意味で使われる言葉です。話し手と聞き手のどちらもが関わっている、過去の事柄やある時点、ある出来事などについて言及する際に使います。

「節」という漢字には「時」「折」という意味もあり、季節や時節など、時間的な経過の区切り目や一時期のことを指しても使われます。

「その節は」はビジネスシーンやメールで役立つ表現

「その節は」は「あの時は」や「この前は」などの言葉よりも丁寧な表現になるため、ビジネスシーンで重宝します。

以前一緒に仕事をしたことがある相手や、自分が関わったことがあるお客さんなどに対して、「その節は」を使って感謝や謝罪の意などを伝えることができます。「その節は」は口頭だけでなく、メールでも同様に使えます。

「その節は」の使い方とは

「その節はありがとうございました」

「その節は」の使い方の代表的な例として、「その節はありがとうございました」という表現があります。少し前に感謝の意を伝えたいような出来事があった場合に使える表現です。

突然「ありがとうございました」だけを伝えてしまうと、相手は何に対しての感謝なのか、すぐにわからない場合があります。その場合のクッション言葉として「その節は」を使うと、前回会った際の出来事に対しての感謝なのだとすぐに理解してもらえます。

さらに丁寧に伝えたい場合には、「誠に」をつけて「その節は誠にありがとうございました」とするとよいでしょう。気遣いをみせてくれた相手に対しては「その節は温かいお心遣いをいただき、ありがとうございました」とするように、「何に対して」が伝わりやすくするのも丁寧です。

「その節はすみませんでした」

謝罪の意を伝える「その節はすみませんでした」や「その節は申し訳ございませんでした」も、丁寧な印象を与えるため覚えておくと便利な表現です。

ある程度打ち解けた関係の相手であれば「すみませんでした」でも大丈夫ですが、取引相手や上司など、目上の人に対しては「申し訳ございませんでした」を使いましょう。

謝罪の意を強く伝えたい場合には、「誠に」や「大変」を使い、「その節は誠に申し訳ございませんでした」や「その節は大変申し訳ございませんでした」とします。

「その節はお世話になりました」

お世話になった相手に対しても、「その節」はよく使います。「その節はお世話になりました」「その節は大変お世話になりました」は、お世話になった人へ感謝の気持ちを伝える場合に使える表現です。

少しくだけた表現が許される相手であれば、「その節はどうも」だけでも、「その節はお世話になりました」と同じような意味で使えます。

「その節は」の言い換え表現とは

「その折は」

「その節は」の言い換え表現のひとつが「その折は」です。「折」という漢字は「その時」「機会」という意味も持っています。

「その節は」が過去の事柄を指して使うのに対し、「その折は」は過去の事柄のみでなく、未来の事柄を指しても使える表現です。

未来の事柄をについて使う場合には、「いずれまたご一緒することもあるでしょう。その折には、是非よろしくお願いいたします」のように使います。

「先般」

「先般」は「この前」や「この間」という意味の言葉で、「その節は」と同様に、現在に近い過去の事柄について述べる場合に使います。

やや固い表現のため、口語ではほとんど使われず、書面やビジネスメールなどで使うことが多い表現です。「先般の会議で決まった内容を共有します」「それについては先般お伝えしていた通りです」のように使用します。

未来の事柄に使うなら「その際は」

「その節は」が過去の事柄を指して使う言葉なのに対し、未来の事柄について述べたい場合には、「その際は」が使えます。

「その際」はある特定の時点や場合を指す表現で、「その時」「その折」「その場合」という意味です。「その際は是非よろしくお願いいたします」「その際はご連絡ください」のように使います。

「その節は」の英語表現とは

「その節は」は英語で「at that time」「the other day」

「その節は」を英語で表現する場合には、「at that time」や「the other day」で表現できます。「at that time」には、「その時」「あの時」「当時」などの意味があります。

「the other day」には「この間」「先日」などの意味があり、比較的最近の事柄に対して「その節は」と言いたい場合に使えます。

「その節は」の英語表現を使った例文

  • Thank you for your help at that time.(その節はありがとうございました)
  • Thank you for the other day.(その節はありがとう)

まとめ

「その節は」は、「あの時は」「この前は」「その折は」などの意味で使われる言葉で、過去の事柄やある時点、ある出来事などについて言及する際に使います。感謝や謝罪の気持ちを伝えたい場合にクッション言葉のように使うと、丁寧な印象を与えることができます。